ETCカードが生まれたワケ

現在、都市部の高速道路が整備されているエリアを中心に、利用が当たり前のようになってきているカードというのがETCカードですが、ETCカードというのは、そもそもどのように誕生、登場してきたものなのでしょうか?

それは高速道路の整備によって誕生してきたと言っても過言ではないのです。

多くの方が知っている通り、日本の道路事情というのは高速道路の登場によって飛躍的に革新したと言っても過言ではありません。

ですが高速道路の登場と革新、飛躍は思わぬ弊害ももたらすことになったのです。

それが高速道路における料金所の渋滞です。

料金所というのは多くの方が料金を支払うために車を減速し、料金の受け渡しによって渋滞が発生しやすくなります。

するとスムーズに進めるはずの高速道路はスムーズどころか、より料金所で時間をかけてしまい、高速道路のメリットを活かせないという事にもなったのです。

しかも高速道路の渋滞が発生すれば、高速道路を拡充すれば渋滞も軽減されるかと思いきや車社会はますます進行し、高速道路はますます渋滞するという悪循環に陥ってしまったのです。

このような高速道路の良くない状況を打破するために、登場してきた料金支払いのカードというのがETCカードなのです。

ETCカードというのは、料金所の渋滞の緩和や解消、高速道路をスムーズに走行するための、まさに救世主と呼べるべきカードなのです。

Comments are closed

Ringbinder theme by Themocracy